多重多額債務とは

多重債務っていう言葉、ここ数年やたらと耳にするようになりましたよね。
それだけ多重債務で苦しんでいる人が多いってことなんだろうなあ・・。

多重債務って多重多額債務とも言いますが、この多重多額債務とは、複数の金融業者から借入がある状態のことですよね。
なぜそんなことになるかというと、金融業者から借りていたお金を返済期限までに返すことができず、また別の金融業者に借りて・・というのを繰り返し、結果的に多重債務を招いてしまうみたいですね。
こうして借入を繰り返すと何が怖いって、利息がどんどん膨らんでいくのが怖いんですよね。
そして借金が増え続けて、泥沼にハマっていく・・って感じなんでしょう。

100万人とも200万人とも言われる多重債務者の存在は、日本という社会全体の経済的困窮を証明するようなものなんじゃないかな。
経済大国日本と言われていた時代が懐かしくなっちゃいます。

でも不景気の中で日本は未曾有の大震災にも見舞われてしまったし、今後もまだまだ大地震が起こる可能性って大きいから、日本が経済的に繁栄するのは、この先ちょっと難しくなってくるかも・・。
とはいえ、日本の政治がもっとちゃんと機能していれば、全て解決できる問題だって思ってしまいます。